美容の検証

美男美女になりたい~涙袋を作る筋トレや大きく見せるコツ~人の顔は涙袋でずいぶん変わる


スポンサーリンク

女のコはかわいく見える、男の子はかっこよく見える法則を・・・知ってますか?

それはずばり【涙袋(なみだぶくろ)】!!

【涙袋】が大きくて ふっくらしている人は、可愛く、かっこよく見えるのです。

そんなわけないよね~~と思ったでしょ ( ಠωಠ)(笑)

これは 結構 ガチです。

涙袋が大きい芸能人は数知れず

涙袋が大きいと、目も大きく見え 若々しい印象になります。

実際 芸能人は 涙袋が大きい人が多いのです。

例えば 天使のような 橋本環奈(はしもとかんな)さん……

こちらも 広瀬すずさん……(姉は広瀬アリスさん★)

2017年『おんな城主 直虎』で 大河ドラマ初出演した 菅田将暉(すだ まさき)さん。

吉沢亮(よしざわ りょう)さんもですね~。

などなど、ワオー!美男美女ばかり。。。(*゚∀゚)ノ

身近に イケメンや美女がいたら、ぜひ涙袋の有無を確認してみて下さい。

きれいなひとは 涙袋が大きい確率が 高いですよ~。

でも、涙袋はどうやって大きくするんだろう?大きく変わるの?。。。というかた。

ハイ! 日々のトレーニングにより 大きくできると 朗報がありますーー\(^o^)/

涙袋をおおきくするトレーニング

涙袋は 目の周りの筋肉をトレ―ニングをすると 大きくすることができます。

また、メイクでも 簡単に大きく見せることが可能。

今回は この2つの方法で『涙袋を大きくする方法』を 紹介しますね(*^^*)

まず、なみだ袋の仕組みから 説明を。。。

涙袋の有無や大きさは “ 眼輪筋(がんりんきん)” という 目の周りにおおわれた筋肉に 関係があります。

●眼輪筋(がんりんきん)とは
眼輪筋(がんりんきん)は人間の頭部の浅頭筋のうち、眼裂周囲の眼瞼筋に含まれる筋肉である。

眼輪筋は眼瞼部と眼窩部、涙嚢部に分かれる。

皮筋である。

ウィキペディアより引用


(※ 画像は私が描いてます★)

この「眼輪筋の下側が発達している人」は 涙袋が大きい とされています。

逆に 眼輪筋が発達していない方は 涙袋が小さい ということですなぁ~~~~(´;ω;`)

しかし 生まれつき、眼輪筋の発達が とぼしい方もいますが、基本的に眼輪筋が衰える原因は 老化やスマートフォン・パソコンなどの画面の見すぎ・・・によって、まばたきの数が少なくなってしまう という理由のようです。

また目元の脂肪は、眼輪筋によって 支えられています。

なので 眼輪筋が衰えると、目元のたるみや、くまにつながります。

涙袋とは違った、涙袋よりさらに下にできる[ふくらんだタイプのくま]も、眼輪筋の衰えによって 出来てしまうのだそう。。。。

したがって、もし「ちゃんと眠ったし、疲れてもいないのになんでくまが出来るんだろう?!」と 悩まれている方にも・・・

眼輪筋を鍛えることは とても オススメなのです。

涙袋も大きく出来るので 一石二鳥ですね!

さぁ 眼輪筋の筋トレ方法を紹介します。

1.眼輪筋の筋トレで涙袋を作る方法

眼輪筋の筋トレで 涙袋を作る方法ですが、

目の両端(目頭と目尻)を 人差し指と中指でおさえ、黒目を上へ向けます。

そして、下まぶたを(涙袋)を持ち上げることを意識して ウィンクします。

これを、一日20回ほどすることを毎日続けます。

簡単そうに見えるかもしれませんが、これが結構 しんどいです….

しかしー! この筋トレを続けると、日に日に 涙袋を大きくすることができます。

私は 1週間程度で 効果が出ました。特に、目頭側の涙袋が 大きくなりました (*゚▽゚ノノ゙

2メイクで涙袋を作る方法

眼輪筋をきたえるのでなく「メイク」をして なみだ袋を作ります☆

まずは 画像をご覧ください。

〈すっぴんの状態〉

涙袋って “ 笑う ” と より くっきりしますよね。

なので 笑って涙袋を出した状態でメイクを進めると やりやすいです。

まず、涙袋の目頭側に 明るい色の[コンシーラー]または[スティックファンデーション]をのせます。

[コンシーラー]に関しては、指で乗せるよりも チップでのせるほうが塗りやすいです。


(またきれいに仕上がります!)

そのあと白やクリーム色などの明るめの[パウダーアイシャドウ]でおさえると、持ちが良くなります。

[アイシャドウ]は ラメ無しのほうが すっぴんの涙袋っぽく見えます。

こちらは、必ず目頭側だけに 入れましょう。

すべての涙袋に入れてしまうと とても 不自然に仕上がる。

老けて見える。

また 逆に 目が小さく見えてしまいます。。。

[コンシーラー]や[ファンデーション]は、ただのせるだけでは 色も明るくて浮いてしまうので、ぼかしながら調節してくださいね。(ぼかす際は 指でもオーケー)

この工程をすることで、涙袋を ぷっくり見せることができる以外に、目元がパッと 明るく見えますよ~♪

次は、涙袋の影を[アイブロウペンシル]で 描きます。

色はブラウンの方が 馴染みが良いかなぁと思ったのですが、意外と ブラックでもありです。

そして その影を 綿棒などでぼかします。

影があるだけで、涙袋のぷっくり感が強調されて、かなり 可愛く見えるよ~~。

カゲ(影)・・・侮るべからず!!

注意点は 2つあります。

必ず[アイブロウペンシル]で描くこと。

パウダーアイブロウや、アイシャドウで描いてしまうと、描いた直後はきれいに仕上がるのですが、時間が経つとすぐに消えちゃったり よれちゃいます(´;ω;`)

パウダータイプのほうが ぼかすのが簡単なので魅力的なのですが、時間がたったときのことを考えると 絶対アイブロウペンシルのほうがよい と思います◎

もうひとつは、涙袋ぜんたいの影を描くのではなく 涙袋の外側のみに 描きましょう。

理由は、全ての影に描いてしまうと顔が少し暗く見えてしまうし、くまに見えてまうのです。。。

せっかく、目頭に明るい[コンシーラー]や[スティックファンデ―ション]を入れて 目元を明るくしても 台無しになってしまいます~(´д⊂)

また 少し けばく見えてしまったり、ナチュラルに見えなくなってしまうので「あの人 涙袋の影描いてるな……」って バレてしまう可能性も高いです。

とにかく、あまり欲張らず 涙袋の影は外側に描く!ということを必ず守ると、ナチュラルに もれますよ p(^-^)q

以上の方法は、すっぴんのような ナチュラルさに仕上げるコツです。

学校メイクなどに取り入れるのが おすすめ。

ちなみに、ナチュラルメイク以外にも 普通に化粧する時。。。

涙袋の目頭側に[コンシーラー]か[ファンデーション]をのせあた後、パウダーアイシャドウでおさえる と書きました。

ですが このアイシャドウ “ ラメの入ったタイプ ” を使っても、目元がうるうるしているみたいで とても可愛いく 仕上がります◎

また、目頭と影を描く工程を終わらせた後、ピンクやブラウンのアイシャドウで 軽く涙袋全体を囲むのも おすすめです(*^^*)

ピンクや赤だと、うさぎメイクっぽい感じになり 女の子らしさがアップ↑↑

ブラウン系だと、落ち着きがあって、且つ おしゃれな印象に仕上がります。

チップで囲んでしまうと 色が濃く付いてしまって、涙袋自体がなくなってしまうので、メイクブラシを使ってくださいね。

アイメイクは どうしても上まぶただけに集中してしまって、下まぶたは忘れがちですよね……。

ですが、涙袋の工程の後に、軽くアイシャドウを入れるだけで目も大きく見えます!

(※ 涙袋を アイシャドウで軽くかこむことは とってもおすすめ!)

最近は ナチュラルな囲み目のメイクも流行っていますので、ぜひ 挑戦してみてください ♪

今回は、涙袋の作り方を2つ紹介しました。

参考になると嬉しいです★

他の涙袋の筋トレや、メイク方法を知ってる~~!という方はぜひコメント欄で教えてくださいね ( ̄▽ ̄*)。

以上「美男美女になりたい~涙袋を作る筋トレや大きくみせるコツ~人の顔は涙袋でずいぶん変わる」を のお話を紹介しました。

( ※ 画像は クリックすれば拡大。 CLOSEを押せば戻ります )

ーコスメと服 関連記事 ー
◆簡単オススメ!【チークの塗り方や入れ方を変えるだけ】でメイクの幅も広がりイメチェン!
◆【バレずに盛れる学校メイクの裏技】はハイライトにある!キャンメイクの事例が多め!
◆JK必見のプチプラ多め!【2018年新作・春コスメ7選!】紹介~ 「ローマの休日」オードリーをイメージした新ブランドまで~
◆女子高生(JK)が手頃な値段で服を買うならやっぱこの店!【6選のおすすめファッションブランド・通販】
◆高校生~女子大生必見!「毎日メイク」から流行りの髪型・スキンケアなど【おすすめ美容系ユーチューバー7選】

 


スポンサーリンク

関連記事

  1. パサついた髪もツヤツヤ!良い香りも持続するコーセーのプチプラな【…
  2. ニキビが再発【しつこいニキビの治し方13選】紹介~「皮膚科など病…
  3. 画期的!【ケイトの新マスカラ】~カールのクセ付けが出来る「神マス…
  4. 顎や鼻のニキビには【ニキビパッチ】!市販のニキビパッチの紹介と使…
  5. 【顔汗対策】携帯扇風機なめてた~夏のメイク崩れとおさらば~USB…
  6. 【マジョマジョのロングマスカラ】をつけ1日過ごしてみた結果がすご…
  7. 整形なしで【永久二重になる方法】4つ紹介〜アイプチ人生から脱出す…
スポンサーリンク

ピックアップ記事





PAGE TOP