おでかけ

大阪の穴子が買える魚市場攻略!【田尻の日曜朝市】のアナゴ天ぷらを紹介☆


スポンサーリンク

大阪南部に位置する[田尻漁港の魚市場]。

田尻(たじり)漁港では「日曜朝市」がひらかれ 地元 大阪湾のアナゴが購入&その場で食べられる!という攻略記事です。

大阪の市場といえば「大阪市中央卸売市場本場」「黒門市場」「木津卸売市場」「鶴橋鮮魚市場」など様々あります。

上記のような 大阪の真ん中にある大きな市場とは異なりますが、庶民的で買いやすい☆

しかも、地元 【泉州産アナゴ】も買える[田尻漁港の日曜朝市]。

【泉州産アナゴ】のサイズは小さいですが、値段もリーズナブルで買いやすく新鮮★

そんな[田尻漁港の日曜朝市]で売られている【アナゴ(穴子)】や、その場で揚げられ食べることが可能な【アナゴの天ぷら】などを紹介します (^ε^)♪





田尻漁港の日曜朝市

[田尻日曜朝市]の住所は 〒598-0093 大阪府泉南郡田尻町りんくうポート北1番。


グーグルマップを「拡大地図」で詳しく見ると「田尻漁協」も出てきてますが、同じ場所となります (^-^)

[田尻の日曜朝市]という名前のとおり 日曜日の朝7時~12時まで開催されている市場★

開催場所は漁港ですが、魚介類のほかにも「野菜や豚肉、鶏肉」「天ぷら」「漬物」なども販売してます。

それらを見ているだけでも楽しい 日曜朝市です (*^ ・^)ノ⌒

その場で揚げたて★【アナゴの天ぷら】

新鮮な魚介類、野菜が買えるのはモチロン。

しかし なんと ウレシイことに “ 田尻漁港内で揚げたてのアナゴ天 ” がたべられます★

[田尻の日曜朝市]で天ぷら販売するのは おもに2店舗。

1店舗目は、写真のように その場で油で揚げた【穴子の天ぷら】を購入できます。

串にさしてある【アナゴの天ぷら】【タコの天ぷら】は1本¥100 安いでしょう~┌(°∀°)b

(twitter画像も参照くださいませ★)

(てがるにパクパク食べられ まさに市場!って感じ。)

ほかにも【タチウオの天ぷら】【イカの天ぷら】は1パック¥300で売ってました♪

【タチウオの天ぷら】とは、なかなか自宅では揚げない食材。

ですので、市場で買えられ これまた嬉しいお土産になる~!

ところで 時間によりますが、コチラの店 混雑しているときは すぐに買って受けとることができません。。。

揚げる時間が必要なため、5分~10分ほど待ったりすることもありますので、ご了承ください。

もう1店舗[田尻漁港(田尻海洋交流センター)]奥のほうにも 天ぷらを売る店があります。

こちらでも「あなごの天ぷら」「じゃこの天ぷら」「エビの天ぷら」「しらすの天ぷら」「紅しょうがの天ぷら」など売ってます ( ̄▽ ̄*)

この店のすぐ近くには 机とイスが何個か用意されており 座って食べる「飲食スペース」も♪


(魚市場の惣菜を買って、椅子に座り 食べてもOK!)

大阪・田尻朝市は【大阪の穴子】「野菜や漬物」いろいろ販売

[田尻日曜朝市]は、漁港だけあって すぐそばには海が見えます。

早朝7時半頃 初春の港の景色ですが、静かで癒やされます。


(日曜朝市の隣には こんな美しいドラマみたいな風景もある)

買い物する前にでも、海を眺めても気晴らしになりますよ (*^ ・^)ノ

さて[田尻(たじり)日曜朝市]では、魚だけでなく いろいろな商品が販売しています。

タイトルに登場する、地元【大阪の穴子】は 毎回ほぼ 販売しています。

まぁ、正直 小ぶりなサイズですが、味はピカイチ!

家に帰宅して「天ぷら」で調理した「アナゴの天丼」は最高ですよ (*゚▽゚ノノ゙

魚のハゼも売ってました。

ほかには「野菜」も売っています。

地元の豚肉「犬鳴豚(いぬなきぶた)」も販売しています。

泉南市にある 鶏肉専門店「鳥甚(直営店)」も、日曜朝市に出店しており 本場の唐揚げや焼き鳥が食べられます。

ほかにも奈良漬などの「漬け物」も手頃価格で売ってます★

(ツイッター画像を参照ください)

さて 当日 市場で買った新鮮な魚介類は、冬場なら傷みにくい。

しかし 夏場では買い物の時間が長ければ 特に傷みやすい。。。

そこで「クーラーボックス」を持参する観光客のかたも見られますが、グッドアイデア~o(^^o)


(魚屋さんでは、一応 氷を入れてくれますけどね!)

大阪の[田尻漁協(田尻海洋交流センター)]では、日曜朝市で美味しい【大阪アナゴ】を買うことができますが【アナゴ】ってどんな生きものなのか?

最後に紹介します☆

【アナゴ】とは どんな魚?


(田尻朝市で買った大阪湾の穴子・・・顔が意外とキュート)

私たちが【アナゴ】というと、およそ「真穴子(まあなご)」のことです。

そして【食用のアナゴ】には「ギンアナゴ」「ゴテンアナゴ」「クロアナゴ」などがあります。

しかし、一番 漁獲量の多いのが「真穴子(マアナゴ)」。

【アナゴ】のとれる地域は、大阪湾、瀬戸内海、東京湾でも獲れます☆

ー【アナゴ】とはー

分 類: ウナギ目アナゴ科クロアナゴ属

生息域: 北海道以南の各地、東シナ海、朝鮮半島

学 名: Conger myriaster

英 名: Whitespotted conger,Conger eel

料理方法としては[天ぷら][蒲焼き][寿司のネタ][焼きあなご]など。

関西では[焼き穴子]でパリッとした食感と香ばしい香りが人気。

また、関東地方では[煮穴子]が多いですが、どちらにしても【アナゴ】は、昔から日本人には親しまれている魚です p(^-^)q

無料駐車場が完備![田尻の日曜朝市]

[大阪・田尻漁港の日曜朝市]は、アクセスは あまり良いとは言えませんが 庶民的で商品の値段も手頃です☆

駐車場は有料ではなく、無料パーキングが完備されており 安心して買い物ができます。

●[大阪・田尻漁港の日曜朝市]の情報

・毎週日曜日7時から12時まで

・年末のみ30日・31日大売出し開催

・お盆・年始は臨時休業

・場所:泉南郡田尻町りんくうポート北1番 田尻漁港

・連絡先 田尻漁業協同組合(7時から17時、ただし火曜日定休)

・電話:072-465-0071

・Fax:072-465-1944

・アクセス
電車:南海・JRりんくうタウン駅からタクシーで約5分

もしくは南海吉見ノ里駅下車、徒歩約10分

自動車:阪神高速湾岸線泉佐野南出口から約7分 無料駐車場あり

日曜朝市は早朝7時から開催していますが、時間をできるだけ早く行ったほうが 新鮮な魚介類が手にはいります☆

ついでに「朝ごはん」も食べれますので 子供さんを連れて、またご夫婦、友達で朝市を楽しんでください (*^ ・^)ノ⌒☆

以上「大阪の穴子が買える魚市場攻略!【田尻の日曜朝市】のアナゴ天ぷらを紹介☆」の話を紹介しました。

( ※ 画像は クリックすれば拡大。 CLOSEを押せば戻ります )





ー 関連記事 ー
◆魚と野菜・唐揚げや天ぷら惣菜も買える!田尻漁港(日曜朝市)車でのアクセス~無料駐車場とトイレを紹介~
◆駐車場数が多い田尻漁港の日曜朝市~魚・野菜・惣菜が買えるし漁港で食べれます~バーベキューも家族・友達で楽しめる!
◆大阪・マーブルビーチ『2018泉佐野市りんくう花火』はどんな感じ?~入場料金や駐車場情報やあると便利な物~
◆2019年【泉南・タルイサザンビーチの花火】~8月24日と8月25日「泉州光と音の夢花火」が開催!~
◆大阪の【りんくう公園】~目の前は海で木々もたくさん!内海もあり子供も楽しく遊べます~

 


スポンサーリンク

Lime

投稿者の記事一覧

こんにちは「Lime(ライム)」です^^

世の中のいろいろな情報からピックアップしブログを書いてます。

記事を読まれ 皆さんが『笑顔・スマイル』になれたらウレシイです☆

関連記事

  1. まるでラピュタ【友ヶ島(ともがしま)】が神秘的過ぎる!実際に行っ…
  2. 【神戸ルミナリエ】行った感想〜オススメ点や分かったこと・こうすれ…
  3. 【岸和田城】夜桜観光~多くの屋台も花見に合う♪【JR東岸和田駅】…
  4. 和歌山【きしべの里】でホタル観賞~たま駅長で人気な貴志駅の近くで…
  5. りんくうタウン駅周辺の駐車場「タイムズりんくうタウン第5」から「…
  6. 2019年岸和田の花火7月27日(土)開催!【岸和田港まつり花火…
  7. 関空に隣接のりんくうタウン駐車場【NPC24Hりんくうタウンパー…
  8. 2019年夏開催【BT21カフェ】フードメニューがおいしそう!A…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事





PAGE TOP